ペットにしたい仔犬ぬいぐるみ 開発ストーリー

私の会社は、創業以来、コンビニなどへ低価格の催事品や玩具を納めていました。

2015年の春、お取引先様(大手玩具商社)の担当者様から980円のぬいぐるみを作ってほしいと依頼がありました。

年末のクリスマスシーズンに販売したいとおっしゃいました。

 

これまでにコンビニのお客様をターゲットとした600円台のぬいぐるみしか作ったことがありませんでした。

それからは、ぬいぐるみを販売している玩具店や専門店を回って、市場調査をしました。

玩具店や専門店は、豊富にぬいぐるみがあり、価格も500円台から大きなぬいぐるみは、1万円以上でした。

店頭にある多くの種類から選ぶには、価格帯が広くても良いのでしょう。

しかし、コンビニは違います。お店の面積が小さいため、せいぜい2~3品しか陳列できません。

つまり、お客様が欲しいと思う(1)価格 (2)品質 でなければ買っていただけないと思いました。

仔犬エピソード.png

私たちは、お取引先様とかなりの回数、ディスカッションしました。

(1)価格に見合った品質、生地の柔らかさ、しなやかさ、手触りの良さ。

(2)胴体のふわふわ感。綿の分量に細心の注意を払いました。

(3)ぬいぐるみの表情・・・かわいくなければダメ!

 

ペットにしたい仔犬・チャリティ.png

そうこうして、やっと出来上がったのが「ペットにしたい仔犬ぬいぐるみ」です。

その年によって、人気犬種が変わります。

犬種の流行を追いながら、その後も「ペットにしたい仔犬ぬいぐるみ」を発売しました。

お客様に喜んでいただくために、私たちは、これからも努力して参ります。